NOB(大島延子)

【クラスで大切にしていること】
来てくれた人が、その人らしく生き生きと過ごせるように 心が緩むようなクラスをしています。 あっという間に大きくなってしまうかわいい赤ちゃん時期を 楽しんで過ごせるように、悩みや辛いことは全部吐き出し、
みんなで笑って、ママが笑うとあかちゃんも笑う。 ママがそのままで笑顔でいられれば、赤ちゃんもそのままで百点満点。 身体を動かすと心も軽くなります。 夢を持った人、その人が一歩踏み出せるお手伝いをします。

【おススメの本】
「ミッケ」 ウォルター・ウィック/写真 ジーン・マルゾーロ/文 糸井重里/訳 子供と一緒に真剣にママも宝探しをしましょう。

【トレーナーとして目指すところ】
みなさんが、その人なりのカラーを持った 型にはまらない先生になっていただけるよう 個性を引き出しながらトレー二ングさせて頂きたいと思っています。 子供との肌のふれあいの大切さ。 自分の身体を大切に扱うこと。 笑顔と愛が溢れるような そんなクラス作りのお手伝いをさせていただきます。

【メッセージ】
2002年に長男を連れて遊びに行った児童館のイベントで初めてヨガに触れました。 以来ヨガにハマり続けその時に抱えていたストレスや不安が少しずつほぐれ不妊治療もしていましたが 自然に次男を妊娠。 出産後2007年に日本ヨガ瞑想協会の指導者養成を修了。すぐに東京都港区で子連れ参加可能な 「のん気ヨガ」を立ち上げヨガの指導歴は10年を超えます。 同時期より港区の育児施設や児童館にて 区民講座「親子ヨガ」を担当、訪れた区内の施設は10を超え、現在も活動中です。 実際に子供たち、ママたちと触れ合いながら作り上げたオリジナルメソッドでクラスを展開していましたが 2017年、ご縁に恵まれJABCのトレーナー研修を受けることに。 産まれた時からアトピー性皮膚炎の長男と、悩み、探りながら学びアロマ検定1級にも合格。 マッサージや肌の触れ合いの大切さを痛感。 大きくなった今でもスポーツマンになった息子たちにマッサージは続けています。 健康は何と言っても自然治癒力に勝るものはないというポリシーで ママたちにパワーを与え続けています。 また、メディテーション(瞑想)を学び、小さい時の親との関係性が人の人生に大きな影響を与えることを肌で感じ、 母の愛の偉大さをお伝えし続けています。 身体が疲れた時、 心に余裕がない時 迷わず私に逢いに来てください。