JABC日本ベビー&チャイルドケア協会は、2009年に設立されました。2017年8月現在で、受講生&認定指導者数は、1,359名、国際リドルキッズ協会の認定指導者は801名の方がいらっしゃいます。

ベビーマッサージの講座からはじまったJABCですが、現在では、赤ちゃん体操、胎教&親子パステルアート、マタニティ産後ヨガ体操、医療ケアを必要とする子どももための小児タッチセラピー、自閉症タッチセラピー、キッズインコンタクト、トラウマなど様々な講座の認定指導者たちをを応援しています。

組織概要
名称 Japanese Association of Baby and Childcare (JABC)
日本ベビー&チャイルドケア協会一般社団法人 JABC日本ベビー&チャイルドケア協会
目的  本協会は、乳幼児、幼児、及び児童教育の専門家と連携し、調査研究に基づいた確かな技術と知識の講座を広く普及させ、親子で楽しく「学び」「教える」ことのできる講座を開講しています。また、女性の起業・就労を支援し、女性が子育てをしながら、社会で活躍できる仕組みづくり目指しています。こうした活動を通じて、本協会は、親子が共に学び共に成長・挑戦していくことができる社会の創出を大きな理念としています。
代表 阿部純子/理事 市居愛
所在地〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山1214号

(株)マザーミー内 JABC日本ベビー&チャイルドケア協会 

電話0466-52-6910

特定商取引        個人情報保護方針