こんにちは。日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。早いもので、もう10月・・・。皆様には大変お待たせしております、ベビーヨガ&ママエクササイズ指導者養成講座と、ナチュラルケア&クラフト講座ですが、只今佳境を迎えております(汗)

ナチュラルケア&クラフト講座は、プロの方に映像編集を頼んで仕上げたのですが、先生と一緒に「う~ん・・・気に入らないね・・・(汗)」ということになり、撮影から再度やり直しております。プロの方の編集は素晴らしいのですが、レッスンの構成と撮影がよくなかった!私の責任です。ベビーヨガは、先生たちと話していると、これも入れたい、あれも入れたい、と内容がかさみ・・・一方で、書きすぎると、難しくてわからなくなり、削ったり・・・と、試行錯誤しております。「なるべく早く開講します!」と言いつつ、どんどん遅れて、嘘をついていて本当にごめんなさい。とはいえ、日々、努力しておりますので、どうぞ温かくお待ちいただけますと幸いです。

さて、先日、つきのひスタジオで、キッズヨガのワークショップを開催しました。先生は、スタジオヨギーのキッズヨガ指導者養成講座を卒業されたYuka先生。養成講座で学んだ内容をご自分でストーリー調に仕上げ、非常に面白いプログラムを展開してくださいました。

ストーリーは、子どもが大好きな「ピーターパン♪」最初は、輪になって目をつぶり、瞑想&呼吸法をしながら、しのびよるピーターパンの影に息をひそめます。目をつぶって、何かをされるって、子どもだけでなく大人もなんだかワクワクしますよね。ゲームをしたり、影っこ物まねヨガをしたり・・・と、ストーリーに沿って、ヨガの要素が上手にちりばめられていきます。そして、みんなで雲をつくり(→写真)ネバーランドへ!お母さんやお父さんのお腹の上に頭をのせると、なぜだか、心が落ち着きますね。わが娘は、このポーズが大のお気に入りで、寝るときは、お腹に頭をのせるようになりました(笑)そして、ネバーランドでも、数々の動物や海の生物にヨガポーズで変身し、インディアンたちと遊び・・・と、大人も子どももワクワクできる内容がいっぱいでした。驚いたことは、翌日の自分の筋肉痛(笑)2時間たっぷりのプログラムで、子どもたちと一緒に真剣に動いたためか・・・全身心地よく痛かったです。

キッズヨガは、アメリカやインドでは体育の授業に取り入れられているところもあるんですよね。日本では、体ほぐし運動が体育の授業で行われていますが、新しい学科のため、体育の先生方は、授業展開に苦労されていると聞きます。今回のようなストーリー調の体ほぐし運動も面白いかもしれませんね。ベビーマッサージのクラスでももちろん参考になることが沢山あり、色々な分野のクラスやトレーニングを体験したり、参加したりすることはとても大切なことですね。皆さんも、ご近所で行われているさまざまなキッズプログラムに参加し、頭を柔らかくして、楽しいクラス構成を考えていきましょう!

それでは、また!