年々増えていると云われている更年期の症状ですが、そこと比例するように更年期ヨガに足を運んでくださる方が増えています!

今回は、新潟県を中心に活動をされている多恵子先生ブログから、クラスの様子をご紹介します。

********************

昨日のヨガクラス、同級生の嫁会でした(笑)。

旦那さん達がわたしの同級生で、
そのお嫁さんたち(偶然皆同い年!)が
『最近疲れが取れない〜ショボーン
もう年だからかな…』
『肩こりでパンパンで〜💦』
てことで、『ヨガやってみようかな〜』
と来てくれましたウインク
絶賛子育て中の彼女達。
この一年で引っ越しもあったり、
仕事を含めた環境の変化も。
知らぬ間にストレスがかかっていたようです。
「この不調は年のせいなんだろうな〜」
「年に負けずにやんなきゃ」
と考える気持ち、すごくわかる!
ちょっと前まで自分がそうだったから。
でもね、女性ホルモンのバランスが
変わり始めるのも30代後半。
『プレ更年期』と呼ばれる
お年頃に入ってきます。
30代後半だし、
「更年期」「閉経」は遠い先と思って、
頭の片隅にもちらつかないキョロキョロ
とは言え更年期と同じような不調を
少しずつ感じ始める時期。
もしあなたが30代後半〜40代前半で、
体調の変化が出ているならば、
上差しのチェックリストはあくまで目安。
自分の健康状態の把握と
これからの過ごし方のヒントになりますハート
ただ、症状が重かったり、
軽くても長引いている場合には
病院に行くこともオススメです。
プレ更年期の症状と似通った
病気の可能性もあるためです。
病院で検査をして異常なし、
「原因はわからないね〜」
「自律神経の失調ですね」
などの時はウィメンズケアヨガの出番です。
もしプレ更年期予備軍以上だったら、
早いとこケアを始めましょう
プレ更年期のうちにケアをしておくと
更年期本番の症状の出方も変わる
言われています。
今回クラスに参加してくれた
同級生のお嫁さん達も
「体スッキリした〜」
「気分まで良いわ〜」
と嬉しそうに、軽やかな足取り
帰って行きました。
こうやって日々入ってくるストレスを
動いて、呼吸法をして、
抜いてゆく。
ストレスケア、
女性ホルモンのバランスを整えるための
ウィメンズケアヨガが力になります。

****************************