こんにちは。日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。

昨日は、ティナ・アレン先生のベビーマッサージ指導者資格養成講座の最終日でした。3日間のトレーニングでしたが、受講生さんからは、「とても貴重な時間を過ごさせてもらった!」「終わってしまうのが寂しい」といったお言葉を聞くことができました。

174ページのテキストを見たときには、3日間で通訳をはさみながら、この分量が終わるのだろうか・・・と私も生徒さんも、不安になりましたが、終わってみると、自分たちの得た情報量の多さに驚きました。ティナ先生は、「You know already(もう知っているはずよ」、「What do you think? (どう思う?)」という質問を生徒さんたちに投げかけていましたが、基本を学んだ生徒さんたちは、自分の頭で考え、自分なりの答えをきちんと見いだせるようになっていました。

最終日の昨日は親子モニターさんたちに、生徒さんたち自身が指導を行いましたが、今後は、4回シリーズのベビーマッサージクラスを、3組以上の親子に指導して、アンケートをもらうという宿題も出ています。忙しいなか、クラスを計画することは大きなチャレンジとなりますが、自分でクラスを開講しはじめることで、得られること、学べることもとても大きいと思います。昨日の最終日は、最終日でありながらも、皆さんのスタートの1日ともなりました。それぞれが、自分の持ち場に戻り、そしてまた、研修や交流会で絆を深め、互いを励ましあっていきたいと思っています!

今日からは、小児ケアマッサージ指導者養成講座です!今日、明日と、ベビーマッサージ通信教育講座にお問い合せの方には、ご迷惑をおかけしてしまいますが、ご質問やお問い合せは、メールにて頂けますと幸いです。

それでは、またご報告します♪