こんにちは。日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。

いよいよ、ティナ・アレン先生の「ベビーマッサージ指導者養成講座」と「小児ケアマッサージ指導者養成講座」の開講が近づいて参りました。受講生さんには、一昨日、テキストを発送致しました。予定よりも発送が遅れてしまいましたことを心からお詫び申し上げます。

本テキストは、4人の方に翻訳をお願いしたのですが、原文を翻訳後、さらに原文の意図を壊さないように、わかりやすい日本語に変えるという作業に時間がかかりました。これまでにも、英文のテキスト翻訳に携わってきた経験はあるのですが、何度やっても、この作業は難しいものです。特に、小児ケアマッサージに関しては、医療用語が多く、医療翻訳家さんに翻訳して頂いた内容も、素人にはわからない言葉が多く、理解するのに苦労しました。わからない箇所は、ティナ・アレン先生と電話をしながら、最終調整を行ったのですが、ティナ先生に直接指導を受けると、非常にわかりやすかったです。

ですので・・・受講生の皆さん、テキストを読んで、「受講が重荷になってきた・・・」なんて思わないでくださいね。ティナ先生からの直接指導を受ければすっきりと整理されていくことと思います。また、わかりにくい箇所については、受講中、そして講座修了後も当協会が橋渡しとなって、サポートしていきますので一緒にがんばっていきましょう!

小児ケアマッサージに関しては、講座修了後、一般のお母さんお父さんに配付できるようなミニテキストなども作りたいと思います。また、将来的な夢ですが、症例別のコース、例えば自閉症児向けの6回コース、ダウン症児向けの6回コース・・・など、タッチケアプログラムのコース化も検討し、実施していきたいとも考えています。これを実施していくには、何より、受講生さんのご協力が必要です。今回は、とっても魅力的な、そして意欲的なメンバーが集まってくださったので、想い描くことは、何でも実現していくのではないかと思っています♪ トレーニング期間は短いものですが、トレーニングの修了日が、ひとり一人のスタート日ともなるのですよね。そのスタートの日が迫っていて、私も緊張しはじめています。

今日は、2週間後に迫っているトレーニングのことを中心に書きましたが、ベビーマッサージ通信教育講座を受講中の皆さんも、最終試験のデモクラスを控え、ドキドキの方が沢山いらっしゃいます!梅雨の時期に入ると、お母さんたちの出足もにぶり、クラスも集客が悪くなるかと思いますが、そんな時は、「雨の日サービス♪」などアイデアを考え、クラスを継続していってくださいね。ご相談は、いつでもお待ちしております!

それでは、また!