今年も国際リドルキッズ協会主催のタッチケア講座の開催が決定しました!
タッチケアの世界的権威 ティナ・アレン先生から直接学べる、年に一度のチャンスです。

医療ケアを必要とする子ども達から、健康な子ども達まで、様々な子どもたちに対するタッチセラピーとマッサージの方法について学ぶことができます。
ぜひ、スキルアップにお役立てください。

10月から12月までの3ヶ月間のみの開催ですので、この機会をお見逃しなく!
しかも、JABCの卒業生様は1万円引きでご受講いただけます。
※申込みページの「メッセージ」欄に「JABC卒業生割引」とご記載ください。

詳細とお申込はこちら

 

受講生の感想

まず、ティナ先生の素敵な笑顔で、緊張もすぐほぐれていきました。一つひとつの講義や、実技が楽しくて、私がやりたかったのはこういうことだった!と感じ、これからの自分を想像しながら,講座を受けさせていただきました。
私は英語が全くダメでしたが、通訳はとてもわかりやすく、しっかりとメモできました。とてもディスカッションの多いクラスで、とても勉強になりました。2日間,あっという間でしたが、内容はすごく濃いものでした。何より、ティナ先生に顔を覚えていただき、名前を呼んでいただけたことが、とてもうれしかったです。これから、勉強していくことはたくさんありますが、ティナ先生のファミリーになれて、ティナ先生のタッチをたくさんの人に知っていただけるように頑張っていきます。また来年、違う講座でティナ先生にお会いしたいです。
こんなに愛の溢れる人に出会えたということだけでも幸せです。セラピストとして仕事していく上でも彼女に出会えたことは財産だと思いますが、それ以上に、人として 本当に出会えて良かったと思っています。
私が受講したのは「トラウマタッチセラピー」でしたが理論をびっちり学ぶというよりは、実際の現状を知り、考えるというところも大きかったように思います。机上の理論だけではなく、実際に色んな子供達に接したティナ先生から感じさせてもらえたものは本当に大きかったです。そして、同じ志を持って参加されている皆さんと情報交換したり、話し合えたのもとても有意義でした。
最近『自閉症』『発達障がい』と言われる子どもたちが増えてきています。が、子どもたちに何をしてあげればいいのかは、まだまだ遅れているように感じます。また、早期に障がいと判断され、打ちひしがれる親子を何組も見て来ました。私でも何かできればと思い、ティナ・アレン先生のタッチセラピーを申し込みました。受講して、深い愛情を感じました。タッチの方法など素晴らしく、これを実践してみたいと言う気持ちにさせてくれます。私も子どもたちと一緒にタッチを通して成長したいと感じる講座でした。

開催講座

ベビーマッサージ講座風景
  • ベビーマッサージ
  • 小児タッチセラピー
  • 自閉症タッチセラピー
  • キッズインコンタクト
  • NICUタッチセラピー
  • トラウマタッチセラピー
  • 小児がんタッチセラピー
  • 緩和ケアタッチセラピー

詳細とお申込はこちら

ティナ・アレン先生のプロフィール

ティナアレン

国際リドルキッズ協会代表。米国UCLAこども病院をはじめとした医療機関にて、医師、看護師、保健師、助産師たちと、ベビーマッサージおよび、小児タッチセラピープログラムを開発。全米各地で、ベビー&チャイルドマッサージの指導者を養成する。また、国内での活動にとどまらず、タイやベトナムの病院においてもボランティア活動を行い、その功績は数々のメディアにて広く称えられている。2009年・2010年世界マッサージフェスティバル代表プレゼンター。全米テレビ番組やNBCなどでも、その活躍が取り上げられている人気講師。

プロフィールの詳細はこちら

ベビーマッサージ講座風景

 

詳細とお申込はこちら