多くの方が講座を受講する(行動)には、必ず理由(動機)があります。

今回は、女性の方からとても高い支持をいただいている「女性の為のヨガ〜更年期編〜」を受講される方に、その理由(動機)を伺いました。

女性のためのヨガ〜更年期編〜
受講の理由

更年期の症状と一致する症状が出始めています。薬ではなく、自分の生活スタイルや運動などで改善したいと考えていたところこの講座を知りました。

(41歳、自営業)

未来の自分の為に知っておいた方がいい内容だと思いました。

(45歳、会社員)

更年期を過ごす上で、生活やヨガをどのように取り入れていくのかを自分なりには模索していましたが、やはり、我流で取り入れていくには限度があることが多いので、ちょうど更年期真っただ中の今だからこそ知りたいことが多く、なにを実践したら良いのかがわからなくなっていたので、この講座に申し込ませてもらいました。

(50歳、主婦)

自分も年齢的に更年期にが近づいてきていて、周りも更年期の症状が現れはじめている人もいたりするので、自分自身と周りの人たちの為にも予防方法や対処方法などを学びたいと思います。

(45歳、ヨガ講師)

 

講座の詳細・お申込みはこちら

 

こんなお悩みはありませんか?

更年期が来ることが怖い

実は更年期についてよくわからない

更年期に悩まされている

更年期で苦しんでいる人を助けたい

「女性のためのヨガ〜更年期編〜」が解決します!

女性の体のメカニズムを学ぶ

女性の体のメカニズム、ホルモン、心理、生活など様々な要素を学ぶことで、更年期に対する理解を深め、更年期とうまく付き合うことができるようになります。

 

 

 

更年期の予防法・対処法をマスターして生き生きとした毎日を

更年期の対処法を身につけることで、更年期障害を予防でき、とても大切なこの時期に自分を労わり癒し、心身の健康に向き合えるようになるでしょう。また、現在更年期障害に悩んでいる方も症状を改善し、生き生きとした毎日を送れるようになります。

 

指導者として更年期に悩む女性を救う

1級合格者には認定証が授与され、JABC日本ベビー&チャイルドケア協会認定指導者として、ご活躍いただけます。
更年期へ向けての対策として、30代を過ぎてからは特に機能を高め血流を良好にし、ホルモンバランスを良好にする必要があります。また更年期を迎え年齢を重ねていく女性にとって必要な知識と手法を身に付けている事は、様々な世代を受け止めていくヨガ指導者に求められていることです

 

更年期とは

更年期とは、閉経を挟んだ前後約10年間のことをいいます。
閉経の年齢には個人差がありますが、一般的に45歳〜55歳くらいの期間が更年期と呼ばれています。

更年期障害の原因と症状は?

更年期における様々な不快な症状は、女性ホルモンのひとつエストロゲンと密接な関係があります。エストロゲンの分泌量は30代半ばにピークを迎え、それ以降減っていき、40代半ばからは急激に減少します。この突然の変化に体がついていけず起こるのが「更年期障害」と呼ばれる不調です。
更年期障害の症状はのぼせ、だるさ、肩こり、腰痛、イライラなど様々ですが、不調をほとんど感じない人もいれば、日常生活に支障が出るような重い症状に悩む人もいます。

近年は「若年性更年期障害」に悩む人も増えています。

30代から40代半ばの女性でも、女性ホルモンの分泌が乱れている人が急増し、更年期障害と同じような症状に悩まされている方が増えています。若年性更年期障害に悩まされた人は、引き続き更年期を迎えた時の症状もひどく現れることがあります。だからこそ、日々のストレス解消や規則正しい生活を心がけ、しっかりと対策を取ることが大切です。

 

ご受講の流れ

更年期のメカニズムや予防法・対処方法を学びます。ヨガの知識を活かして、更年期の自分の変化や症状に対応しながら過ごすことができるようになります。

更年期の方へ向けてヨガの知識を伝えられる、指導者を目指す方のための講座です。1級合格者にはJABC日本ベビー&チャイルドケア協会から認定証が授与され、JABC日本ベビー&チャイルドケア協会認定指導者として、ご活躍いただけます。
ただし、他スクールも含め、ヨガの指導者養成講座を受講されたことがない方は、1級講座の前に「基礎講座」(3時間)の受講が必要です。

入会金、更新料などの費用は一切不要です。
また、無料サポートを継続しています。ご質問や、教室開催、独立開業など、いつでもご相談ください。

 

更年期の対処法と予防法を知っておくことで、とても大切なこの時期に、自分を労わり癒し、心身の健康に向き合えるようになるでしょう

講座の詳細・お申込みはこちら

JABCは女性の輝く毎日を応援しています