こんにちは。日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。

一昨日、楽しみにしていたスクーリング講座を終えてきました!

スクーリング講座とは、JABCベビーマッサージ資格養成通信講座の第5巻までを終えた受講生が集まり、ともに勉強をする1日講習会のことです。

今回は、キャンセルの方もいて参加者4名での開催となりましたが、人数も少ないだけあって、ひとりひとりの意見を聞いたり、言ったり、笑ったりとアットホームな一日となりました。

何より、私が感動したのは、みなさんのベビーマッサージ指導演習の素晴らしさです!私自身、通信教育講座のみなさんの指導を生で拝見するのは、はじめての機会となりましたが、お家で何度も何度も練習を重ね、勉強をしてきただけあり、指導演習は、通学で通われる生徒さん以上の仕上がりだと思いました。

みなさん一様に、「緊張した~」とお話していましたが、指導演習をする時は、カチッとスイッチが入ったかのように、指導者の顔に切り替わり、声の大きさも話すトーンも、また説明する内容も本当に素晴らしかったです。

午前中は、これまで通信教育講座で勉強してきたことの復習、午後は、ベビーマッサージの指導実演、ベビーヨガ、産後ママのためのエクササイズ、骨盤のお話、独立・開業の準備などについてお勉強をしましたが、1日が終わった頃には、みなさんの緊張もほぐれ、共に学び、指導していくことの喜びを共有できたように思いました。

指導者は、生徒さんの前に立つときは、一人の自立した指導者であらねば!と思い込み、時に孤独を感じることもあります。でも実は、離れたところで、同じように悩んで、奮闘して、悩みを乗り越えている指導者仲間がいるんですよね。だから、決してひとりで指導をしているわけではないんです。また、クラスに来て下さるお母さんと赤ちゃんたちも、指導者を助けてくれる仲間でもあります。自分は、一人で指導をしているわけではない。みんなに助けられ、みんなの協力があってこそ、ベビーマッサージを伝えていけるんだなぁと改めて感謝しなければいけませんね。

講座の最後には、「現在、JABCでお勉強をしている仲間と顔を合わせる、名簿の交換などを実施し、地域別で勉強会を開くのもいいですね!」というアイデアがでました。このアイデアは、すぐにでも実施していこうと思います。受講生それぞれが、アロマやヨガなど、特技を持ち合わせていますので、お互いに教え合うこともできますし、何より仲間がいると思えることは心強いですものね!

22日のスクーリングは、本当に実り多き素晴らしい一日となりました。こうして、受講生のみなさんに顔を合わせることができたことに、心から感謝しています。4名の参加者のみなさん、遠くからお越し頂き、本当にありがとうございました!これからもお互いに支え合っていきましょうね!