自律神経が刺激され免疫力が高まる

赤ちゃんの皮膚は、薄くて傷つきやすく、乾燥しやすい特徴を持っていますが、マッサージを行うことにより、自律神経が刺激され免疫力が高まり、皮膚から入り込もうとする病原体を防ぐことができるようになります。

マイアミ医科大学の皮膚科教授ローレンス・ジャックナー医師は、湿疹のような皮膚トラブルであれば、お母さんが赤ちゃんの肌に触れることで改善することがあるとし、またそれにより母子間の交流もさらに深まると説明しています。

喘息やアトピー性皮膚炎の症状が改善

また、ティファニー・フィールド博士のタッチ研究所においても、喘息やアトピー性皮膚炎の子どもたちにマッサージを行ったところ、喘息の子どもたちは喘息が減り、肺機能が改善され、アトピー性皮膚炎の子どもたちは湿疹が少なくなったと報告しています。ベビーマッサージによる適度な皮膚刺激は、赤ちゃんの皮膚を丈夫にし、風邪などをひきにくい免疫力の高い子どもに育てるのです。アトピー性皮膚炎の場合は、赤みを帯びてジュクジュクしているような状態のときは、その箇所を避けてマッサージを行います。

 

上記は、ベビーマッサージ講座のテキストより抜粋しました。

年々、アトピー性皮膚炎や喘息で悩んでいるお母さんたちの声が増えてきています。

ベビーマッサージを幼いときから行っているお子さんは、病気になりにくいのはこのような根拠からも云えるのですね。

JABCでは、全国各地でJABC認定トレーナーがベビーマッサージ指導者養成通学講座を開講しています。また、いつでもどこでも学べる通信講座も毎日ご予約を受け付けております!

 

**********************************

<JABCの通学講座>
9月10月 東京・神奈川・石川 ・新潟・沖縄・福岡・大阪にて開催
ベビーマッサージ通学講座の詳細はこちら↓
http://jabc.co.jp/2017baby/tsugaku

通信講座は、随時お申込みできます♪

無料資料請求はコチラ

お申込みはコチラ

***********************************