JABC講師、大野さと子です。

小学校・中学校・高校生のお子さんがいらっしゃる方は

ベビーマッサージでの絆づくり・脳の発達

といった言葉を見たり、たくさんの利点を知るたびに。。

「ああ・・・もっと早くに知っていたらなぁ~」

「うちの子が赤ちゃんのときには、まだこんなにベビーマッサージクラスってなかったから残念」

と考えたことのある方、多いのではないでしょうか。

 

実は。。ベビーマッサージは赤ちゃんだけのものでは無いのです!!

 

そう聞いても・・「でもやっぱり今更無理」そう思いますか?

少し、ふれあいについて考えてみませんか。

なぜなら

タッチのコミュニケーションによって

「難しい・・・」と感じていたことが解決できるかもしれないからです。

思春期に足を踏み入れる時期のお子さんへの・コミュニケーションのチャンスはこんなとき♪

「疲れた」 「痛い」 「勉強したいのに眠い」 「覚えられない」 「もやもやする」

こんな言葉を聞いたら、タッチのチャンス!!!です。

=====

「疲れた」 ときは・・・ 背中の真ん中から上の範囲に大きな○のタッチ

「痛い」 ときは・・・ 痛みのある場所やその周辺に優しく手を置くタッチ

「勉強したいのに眠い」 ときは・・・ 心臓に向かって早く短くすべらせるタッチ

「覚えられない」 ときは・・・ 背中の真ん中から上の範囲に、両手でXを描くタッチ

「もやもやする」 ときは・・・ 背中の真ん中から上の範囲に、ポンポンとリフレッシュのタッチ

=====

小さくて可愛かった身体や心は、どんどん成長してすっかり思春期。。

それでもタッチはずっと必要なのです。

今更遅いということは無いのです。

タッチの前には必ず 「タッチをして良いですか?」と許可を得ましょう。

断られても、それでOK

「うんわかった。いつでもタッチセラピーしてあげるからね。」

そう言って、今は必要ない気持ちを理解し受け取りましょう。

 

うちの娘も思春期に足を踏み入れました。

だからこそ、ふれるチャンスを見つけることをとても大切に感じています。

心が大きく成長するこの時期に、優しくあたたかい手で心のふれあいのチャンスを

見逃さないようにしたいと思います。