こんにちは。日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。

今日は、ヨガに行ってきました。毎週火曜日の昼間に通っているのですが、

やはりヨガを続けていると身体が軽くなり、気持ちもいいです。

私は、出産後、胸骨の痛みにひどく悩まされていたのですが(子供の抱っことパソコン仕事が影響していたようです)、ヨガを続けることで、その痛みも今はすっかりなくなりました。

本当に身体を動かすことは心身の健康に不可欠ですね。

これは赤ちゃんも同じことだと思います。ただ、赤ちゃんは「今日は一日泣きすぎて背中が疲れたから、ベビーマッサージに行きたいな・・」とは言えないですよね(笑)

だからこそ、お母さんが赤ちゃんに「今日、ベビーマッサージに行く?」と問いかけてからクラスに来てくれることが大切なように思います。

ベビーマッサージの場合は、お母さんの都合で行く、行かないと決めてしまう方が多いかと思いますが、本来は、赤ちゃんが行きたいか、行きたくないか、その気持ちを尊重した上で、決めるものかと思うのです。

赤ちゃんは自分の気持ちを言葉では表せないけれど、皮膚の感じ、体温、息づかい、表情などで、お母さんに沢山のメッセージを送っています。日頃、赤ちゃんとの対話を大切にし、赤ちゃんの体調を見つめているお母さんは、「行きたいか、行きたくないか」の判断もつくようになるのだと思います。

また、ベビーマッサージクラスは大人の都合で、3回コースで終わってしまうクラス構成もありますが、これも本来は、赤ちゃんがクラスに行きたいと思い続ける限りは、指導者がその場を提供し続けてあげることも大切かと思います。

3回でベビーマッサージの方法を覚え、その後はお家で実践してくださいとはいっても、自宅で落ち着いた時間をとり、赤ちゃんとのマッサージに専念するというのもなかなか難しいものです。

週に1回、ベビーマッサージのクラスにくれば、赤ちゃんもママも自分たちの心と身体に声を傾ける貴重な時間を得られる、さらには、沢山のママたちと情報共有をして楽しめる、そんな場を提供し続けられるように、指導者は日々努力が必要ですね。

テキスト第7巻には、「クラス構成の方法」として、3回コースの具体例なども掲載しているのですが・・・(矛盾で苦笑)。3回コースもあり、続けられるコースもあり・・と赤ちゃんとお母さんが選べるコース設定が必要かもしれませんね!

今日もベビーマッサージに参加した全国の赤ちゃんたちが、

「あ~~気持ちよかった。週1回のベビーマッサージ、最高~~♪」と

感じてくれていますように(笑)