こんにちは。日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。

先週金曜日に、我が家の2歳の娘が新型インフルエンザにかかりました。

保育園に通っていますので、いずれかかってしまうだろうと覚悟はしていましたが、急な発熱には、やはり動揺しました。

39度6分の熱が急に出て、夜中には引きつけも起こしました。慌てて、救急病院にかけつけましたが、発熱後、12時間経たないとインフルエンザ検査結果がでないと言われ、タミフルはもらえませんでした。

その後、39度の熱のまま翌朝を迎え、近所の小児科にタミフルを処方して頂いたところ、すぐに熱が下がりました。タミフルの効果に驚くとともに、強い薬であることを実感しました。

また、タミフルの副作用も色々と言われていますが、我が子は夜中のうなされ方がひどいものでした。悪い夢をみているのか、手足を異常にばたつかせて、抱っこしていられないほどでした。それが副作用のためなのか、インフルエンザのためなのかはわかりませんが、いずれにしても怖いものです。とはいえ、タミフルでよくなっていることは事実ですので、タミフル様々です。

引きつけは、軽い「熱性けいれん」だったかと思います。「熱性けいれん」は、38度以上の発熱の際におこる痙攣で、通常、2~3分で収まるものです。我が子のひきつけはとても短いものでしたので、悪寒戦慄というものだったのかもしれません。いずれにしても、心配はないと言われていますが、その知識を知っていても、目の前で子供が痙攣をし出すと怖いですね。救急車・・とまでは思いませんでしたが、夜間救急には連れて行く騒ぎとなりました。

我が子は、喘息も抱えていますので、本当に心配な週末でした。今は、回復し、元気になっています。但し、解熱して安心している頃に再び発熱する子供もいるようですので、しばらくは要注意です。

皆さんも、新型インフルエンザ予防、気をつけて下さい。

今日はベビーマッサージとは全く関係のないお話でした(笑)