こんにちは、JABCの阿部純子です。
子育て中の悩みで一番多いのは、意外にもお母さんの罪悪感です。
私は、7年間で3,000人以上のカウンセリングをさせてもらいました。その5割が子育ての悩みです。そして、その中の7割がお母さんの罪悪感で悩んでいました。やってしまったことへの後悔や、できない自分への自己否定から、自分自身を責めて罪悪感に陥る流れが多いのです。

では、それはなぜ起こるのか?
そして、それは「今」、ここにいないから起こるのです。

思い返してみてください、自分がいつも考えていることを。
思考の大半が過去や未来のことを考えていると云われています。
やってしまったことを後悔し続けたり、まだ見ぬ未来を想像し不安を抱いたり・・・

今、この瞬間で起こっている自分の身体や心の状態をどれだけしっかりと感じ味わっているでしょう。目の前にいる我が子の今の状態をどれだけ全身で感じ取っているでしょう。

「今」この瞬間にしっかりと意識があり、「今」を100%感じていれば、過去や未来に意識が飛ぶこともなく、「今」ここに生きているはずです。

触れること(タッチ)は、「今」を生きることをサポートします。
我が子に愛のあるタッチをするとき、子どもの身体や皮膚、温度、質感、状態・・・多くのことに意識を置いて、触れていきます。「今」に集中して子どもと一緒に「今」のお互いを感じますよね。

肉体に意識を置くことは、「今」に意識を繋いでくれます。
肉体に意識を置くことができていると、「今」をしっかり生きる力が養われ、悩みに意識を奪われことが少なくなります。

子育ての悩みも、愛のあるタッチで軽減することを伝えていきたいですね。

 

12801284_857892747666599_5988587096515960007_n