こんにちは、JABCの阿部純子です^^ 私は、JABCのスタッフのほかにカウンセリングの仕事をしています。そこでご相談が多いのは、ご夫婦の問題についてです。

お子さんが生まれてから夫婦仲が悪くなるケースは、多いと云われています。お母さんが奥さん業よりもお母さん業が忙しくなってしまったり、ご夫婦の時間が少なくなったり、子どものことでいっぱいいっぱいになっていたり、お子さんが生まれる前とは、優先順位が変わることから起こる不仲がほとんどです。

子育て全盛期のお母さんは、お子さんのことで頭も体もいっぱいですよね。一日があっという間に過ぎて、疲れているとイライラしたり、他のことまで気持ちがまわらないことばかりです。

そうするとどうしても一番近くにいる旦那さんとの関係性にしわ寄せがきてしまいます。旦那さんにイライラをぶつけたり、旦那さんの行動や言動が気に障ったり、また旦那さんも自分よりも子どものことばかりに一生懸命になっている奥さんにイライラしたり。

そんなときこそ、ベビーマッサージのような愛情のこもったスキンシップが、救ってくれるのです♡     愛情のこもった心地のいいタッチは、触れて20~40秒でオキシトシンという幸せホルモンが分泌されます。触れている人も触れられている人にも♡

赤ちゃんとお母さんが、ベビーマッサージをすると幸せに包まれて、さらに絆が深まる効果は、オキシトシンのおかげでもあるのです。

私は、ご夫婦の不仲についてそご相談に来た方には、まず「旦那さんにハグをしてください。」と伝えます。「おかえり」「おやすみ」「おはよう」「いってらっしゃい」など、タイミングはいつでもいいのです。

できる限りたくさんハグをすることをお勧めします。ハグが恥ずかしかったら、肩をトントンでも腕を組むでも、凝っているところのマッサージでもいいのです。とにかく感謝の気持ちでふれてください。

そうしているうちに、お互いが温かい気持ちになり、愛着形成が大人でも起きるのです。そして、お互いを大切にしようとする意識が生まれます。

私のクライアントさんたちの中で、このアドバイスを実践された方たちからは、

「ほんとに、仲良くなりました!」「不思議なくらい変わりました!」「自分がそうさせていたのだと反省して今は旦那さんをとても大切にしています。」「大好きな気持ちが戻ってきました。」

などという嬉しい声をたくさんいただいています。

私たち人間は、たくさん抱っこをしてもらって、手をつなぎ、体で遊び、たくさんのふれ愛の中で育ってきました。それは大人になっても変わらず必要で大切なものなのだと気づかされます。

ベビーマッサージをふくむ、”ふれる”ということは、大人になっても遅くないです。自分を含め、周りの大人の人にもたくさんハグや握手、マッサージなどなどで、ふれ愛をしてあげましょう♪

下記は、3年前の過去記事です↓こちらは、子どもたちにとってもベビーマッサージは、赤ちゃんのときだけでなく大きくなっても大活躍することを書いています♡こちらも読んでみてください(^^)

__________________________________________________________

こんにちは、JABCの阿部純子です^^
【ベビーマッサージは大きくなってからでも遅くない】
ということをとても実感しています。

ここ数か月仕事が忙しくて、子どもたちとふれあう時間が少なかったため、長男(4歳)が夜中に急に泣いたり、おっぱいをさわりたがったりする日が続いていました。

そんなある日、長男が「足が痛い」というので、ベビーマッサージを足にしてあげると、「気持ちいいよ。もっとして~」と気持ちよさそうに眠りに入りました。
その夜から毎晩、長男は「今日も足のマッサージをして」「今日は手も背中もお腹も~」というようになりました。

そこで私が経験した二つの「なるほど!」があります。

①手で触れている部分の感覚から長男の状態を知ることができました。
冷たい、温かい、硬い、柔らかい、乾燥、しっとりしている、リラックスしている、さみしい、幸せ・・・などなど。皮膚からの情報で長男を知ることができるのです。今日どんな一日を過ごしたのかも触れることでなんとなくわかるようになりました。体調が良いか悪いか、心が元気かどうかもわかるのです。
きっと私たちの手には全身をスキャンできる機能が備わっているのだと思います(笑)。

②マッサージをした夜は必ず朝までグッスリ眠ります(笑)。                       泣いて起きることも、おっぱいを探すこともなく、幸せそうな顔で眠るのです。その顔を見ることで私も幸せになり、私も朝までグッスリ眠れるのです(笑)。

親と子の両者の愛情交換が十分に満たされることによって心身が健やかな状態になるのですね。

長男は、自分を充電する方法をまたひとつ習得し、さみしいときや愛情が足りてないときなどに、「マッサージして~」と私のところへ来るようになりました^^

自分を充電する方法を知ることは、生きる強さを知ることになります。スキンシップは一生の宝ですね。