こんにちは、JABCの原珠実です^^

今日は、アロマタッチトレーニングでの経験をシェアします。

大きな会場に、総勢300名。3人1組でベッド1台なので、ベッドも100台!それはそれは、壮観な眺めでした。

午前中は、座学。アロマタッチを考え出した、doTERRAのメディカルのトップDr.ヒルのお話を直に聞くことが出来ました。その中でDr.ヒルが繰り返し仰っていたことは、タッチの重要性についてでした。タッチには、良いタッチと悪いタッチがある事。タッチで安らぎが得られる事。

そして、アロマタッチを使う6つの理由についても話してくださいましたが、中でも「施術者と受け手の両者が互いの経験を創る事」「触れ合いが大切である事」という点にとても共感出来ました。

これらの事はJABCや国際リドルキッズでも、お伝えしている事だからだなと思ったのです。施術者=お母さん、受け手=赤ちゃん。そう考えると、ベビーマッサージはお母さんとあかちゃんで一緒に経験を創る事なんだなぁとしみじみ。

私も育児で大変だった頃に、アロマタッチやベビーマッサージがあったら、もっと楽に肩の力を抜いて子育てが出来なんじゃないかなぁと心から思いました。

そして、午後からは実技。Dr.ヒルの手技をじっくりと教えてもらってから、施術、受け手、見学。やっぱり施術は楽しくて、人の体に触れるってどうしてこんなに幸せな気持ちになるんでしょうか。受け手はもう、言わずもがな(笑)全然起きていられませんでした。ちなみに私の家族は、中1の息子もタッチが大好きです^^

全米ナンバーワンの人気を誇るティナ・アレン先生直々指導によるベビーマッサージ指導者養成講座は、年始すぐに開講です!
2016年1月15日-17日
 東京にて3日間の開催です!

詳細とお申込みはコチラ

11954835_874954655905379_7868460843420664471_n[1]