こんにちは。日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。

今日は、通信講座の魅力についてお話したいと思います。

本講座にご関心があり、お電話を下さる皆さんの共通点が、小さなお子様をおもちであるということです。特に、2ヶ月~6ヶ月くらいのお子様をお持ちの方が多いですね。

皆さん、お子様のことだけでも大変な毎日にも関わらず、勉強をしたい!という前向きなお気持ちに感動します。

でも、実は私自身も皆さんと同じように、「赤ちゃんについてもっと勉強したい!」「産休中の今だからこそ、資格をとりたい!」と燃えていた一人です(笑)

長年、仕事を続けてきて、産休に入ってはじめて、自宅で過ごす時間ができました。けれども、外には出かけられない、赤ちゃんとも離れられない・・・、でも、この貴重な期間に何か勉強して身につけたい!とウツウツと思っていました。

今思うと、産休中に「何か資格を!」と思うことは、わりと自然な流れだったのかもしれませんね。そして、ベビーマッサージの指導者資格は、そんな新米ママ、プレママ、子育て中のママたちの「勉強したい!」という想いに叶った講座だと自負しています(笑)

何より、自分の子供を(言葉は悪いですが)研究材料にできるのが魅力です!例えば、お腹のマッサージ・・・便秘が治ると言われますが、一体どれくらい熱心にやれば便がでるのか・・・、そんなことを私は自分の子供で試していました。

また、自分の子供をマッサージしながら育てると、ベビーマッサージの魅力を体験をもって周りのお母さんたちに伝えることができます。クラスのなかでも、体験談は非常に説得力のあるものです。

本講座では、自分の赤ちゃん、あるいは練習用のお人形をつかって、ベビーマッサージの練習をしていきますが、この“赤ちゃんとベビーマッサージの時間を共有できる”ということが、通学講座と比べてのひとつの魅力とも言えますね。

もちろん、通学講座には通学だけでしか味わえない魅力もあります。例えば、その場でお友達ができるということ、経験ある先生から直接指導を受けられるということ、講習期間が2日~4日程度ですので短期間で習得できるということ。。などなど、通学、通信、それぞれに魅力があると思います。

どちらがいい!とは一概には言えず、皆さんの状況にあった選択が必要かと思います。お電話でのご相談で、「講座がたくさんあってわからない・・・」という方が多いため、近日中に日本全国で行われているベビーマッサージ指導者養成講座の一覧表をつくり、ご希望の方には郵送したいと思います。

次回は、通信・通学スクールの選び方についてお話したいと思います。