こんにちは。JABC日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。今日は、とても寂しく悲しい一日でした。

というのも、JABC協会発足間もない頃から、お仕事をしてくれていた寿ちゃんが、パパの転勤で関西に行ってしまいました。

少し前からわかっていたことですが、いざ、別れの日が来ると、悲しくて悲しくて、涙が止まりませんでした。今でも涙が止まりません。

 

昔、尊敬する先生に

「仕事選びで一番大切なことは何だと思いますか?」と聞いたことがあります。

その先生は、「誰と一緒に仕事ができるかだ」と答えました。

正直、その時の私には、まったくピンとこなかったのですが、

今、まさに、この言葉の意味をかみしめています。

 

彼女がJABCに通ってくれたこの3年の歳月は、宝物のように大切な日々となりました。

お仕事を通じて、

一緒に笑って、一緒に泣いて、一緒に悩んで、一緒に迷って、一緒に元気になって…

振り返ると、彼女がいたからこそ、

今の私や仲間たち、JABC&リドルキッズの受講生さんたちがいるのだと思います。

彼女なしでは、こんなに私たちは成長することはできなかった。そう思います。

明日も、「愛ちゃん~おはよぉ~」という声が聞こえてきそうですが、

もうその声も聞けないんだな(涙)

でも、悲しんでばかりではなく、前を向かなければならない!どんなことにも意味がある!

またいつか彼女と一緒に仕事ができるように、JABCの関西支社をいつか出せるように…..この涙は、そのためのパワーの原動力なのだと思います。

そして、受講生の皆さんやお教室に参加してくださるママさんにも、涙を流せる仲間ができるよう、サポートしていくことが、私たちの使命なのだと思います。

寿ちゃん、本当にありがとう。20年ぶりに、またこうして一緒に笑いあえる日々が待っていたとは、中学生のときには想像もしませんでした。

幼稚園のころからの友達と、一緒にお仕事ができるなんて、私は本当に幸せ者だと思います。

いつか、また一緒に笑いあおうね!その日のために、がんばるからね!お互い、成長して会える日を楽しみにしています。