みなさん、こんにちは!日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。

今年も7月のティナアレン先生の来日に合わせ、関東近辺でのタッチセラピーボランティア活動を予定しています。ティナアレン先生は、日本来日中は、お休みもいらない!というほど、このボランティア活動を大切にされていて、ひとつでも多くの学校や施設を訪れ、子どもたち、親御さんたちと触れ合いたいという希望をお持ちです。私たちも、ティナ先生の想いに応えるべく、現在、ティナ先生のボランティア訪問を希望してくださる施設や団体さんを探しています。

去年は、都内の児童養護施設、障害児児童のスポーツクラブ、小学校にて活動を行いました。児童養護施設では、子どもたちにかかわっているスタッフさんが30名ほど集まり、子どもが疲れたとき、成長痛がつらいとき、緊張しているときなど、日ごろの子どもたちの状態に合わせた子どもたちへのタッチセラピーの方法を学びました。また、障害児児童のスポーツクラブでは、ダウン症や自閉症といった障害を抱えるお子さんの親御さんに対して、お子さん一人ひとりの様々な悩みにひとつひとつ応える形で、タッチセラピーの方法をお伝えしました。そして、小学校では、スゥエーデンではじまったピースフルタッチという手法を取り入れ、子どもたちがお互いの背中を遊びながらタッチし、沢山の笑い声に包まれました。

この活動では、ティナ先生と通訳者をはじめ、ティナ先生の教え子たち(ティナアレン先生の日本国内でのトレーニング卒業生)がご希望をくださった施設や団体に訪問し、ボランティアとしてタッチセラピーのワークショップを開催します。下記要綱にて希望施設を募集しますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください!

日時:2012年 7月22日~26日

対象施設、団体:障害児童にかかわる施設、親子グループ、自助会など

訪問可能地域:東京都、神奈川県 (その他の関東地域はご相談ください

お申込み方法:info@jabc.co.jp 宛てに、自己紹介、希望日時、希望場所をご連絡ください。