こんにちは。日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。先日、七夕にちなんで、お腹の赤ちゃんと絵からメッセージをもらう、マタニティパステル和アートのワークショップを行いました。前回のブログでご案内したワークショップです♪

皆さん、「絵が苦手なので、大丈夫かしら・・・」と最初は不安そうでしたが、描いていくうちに、魂がのる・・・魂がうずく?とでも言いましょうか、指でくるくる、くるくる・・・もっと描きたくなって、くるくる、くるくる・・・・と、自然とココロとカラダが動いて、最後には、とっても色とりどりの絵が出来上がりました。JUNKO先生によると、お腹のなかに赤ちゃんがいるときと、いないときでは、使う色も異なるそうで、妊娠中に描く絵は、赤ちゃんからのメッセージがつまっているのだそう。

絵を描き終えた後に、JUNKO先生が一人一人の絵と色の意味、赤ちゃんからのメッセージを解説してくれたのですが、「なるほどぉおおおお」というかんじでした。育児に夢中なときって、「この子が何を考えているかわからない・・・」「どうして、この子はこうなのだろう」と悩んでしまうこともあるかと思いますが、妊娠中にお腹の赤ちゃんんとお話し、メッセージをもらうことで、「この子は、私のことをサポートしにこの世にやってきてくれたんだ」と思えるようになります。そう思うと、「私が育てている」という思いよりも「私が育てられている」という思いが強くなり、育児をする上で、楽になることも多いような気がします。それだけ、赤ちゃんとママの絆は強いものだし、個々人でありながら、必要なところを補い合う・・そんなパートナーでもあるのだと思います。

今日描いた絵とJUNKO先生からのアドバイスは、これから生れてくる赤ちゃんとの接し方も教えてくれました。今日、ご参加頂いたみなさんも、赤ちゃんとの対面まであと少し。それぞれ全く異なる絵を描き、メッセージを受け取ったので、今日感じたことを大切に、出産&育児にのぞんでいければ!と思いますね♪ちなみに、私の描いた絵は下記の絵です♪JUNKO先生からもらった絵の意味は、覚えているうちに急いで赤ちゃんへの手紙として残しておきました。大きくなったら、絵と一緒に手紙も見てね♪大笑いされそうだ!!

JABC受講生&卒業生さんの中で、このパステル和アートの指導者資格に興味のある方がいらっしゃいましたら、直接JABCまでご連絡くださいね。指導者養成講座のご案内をすることができます。今度は、ベビーマッサージや産後ヨガに参加してくださる生徒さんのために、赤ちゃんと描くパステル和アートワークショップを企画してみようと思います!