こんにちは!日本ベビー&チャイルドケア協会の市居です。

今日は、ベビーマッサージ講座の添削講師でもある野村先生のマタニティヨガに参加しました。お教室の全員が妊婦さんですと、お部屋の中に、9名×2=18人もの命があるのですね。妊婦さんはお腹が大きいということもありますが、お教室にいらっしゃると、とても大きな存在、エネルギーを感じます。

マタニティヨガは、最近でこそ、お教室も増えていますが、地方ではまだまだ広まっていないものと思います。妊婦さんが、そんなに動いてもいいの?と思われるかもしれませんが、妊娠16週を過ぎ、お医者様から健康上問題がないと許可を頂いている方は、十分に運動することができます。

むしろ、妊娠中に運動をしておいたほうが、産後の生活も楽になるんですよ。妊娠中は、ホルモンバランスの乱れから無気力や精神不安にもなりやすいですが、マタニティヨガをすることで、気力、体力ともに充実していきます。私も14週になったころから、毎週2~3回レッスンに参加していますが、気分が晴れやかで、何より、夜にぐっすり眠りにつけることが心地よいです。また、出産の直前まで行っても大丈夫なことがマタニティヨガの魅力であるかと思います。

現在、JABCベビーヨガ指導者養成通信教育講座を受講中のみなさんが、卒業後、2年ほど絶たれたら、次にオススメしたいのが、このマタニティヨガの指導者養成講座ですね。もちろん、ベビーマッサージ指導者養成講座を終えた方にもオススメです。妊婦さんに関する知識は、産後のお母さんに関する知識よりもさらに難しくなりますので、当協会の通信教育でお伝えするのは難しいのですが、都内近郊では通学講座が沢山あります。

実は、ヨガの種類の中でも、最もインターネット上での検索数が多いのが、「マタニティヨガ」なんですよ!レッスンができるようになるためには、多くのお勉強が必要ですが、ベビーマッサージやベビーヨガ、その他リトミックや子育てサークルなどを開講している講師の方には、出産後の集客にもつながるステップアップになるかと思います。

実際にレッスンを見てみたい!というJABC卒業生&受講生は、つきのひスタジオのレッスンでしたら見学していただけますので、ご連絡くださいね♪

下記に主な、マタニティヨガ養成講座をご紹介します♪ご興味ある方は、調べてみてくださいね!

スタジオヨギー

日本マタニティビクス協会

日本マタニティフィットネス協会

日本マタニティヨガ協会