ベビーマッサージの最大の利点は、お母さんと赤ちゃんが親子の絆を深めることにあります。ベビーマッサージ指導者は、その絆づくりのお手伝いをするため、何より、お母さんと赤ちゃんの気持ちをくんで親身になれる方が指導者として向いているでしょう。看護士さんや保育士さんなど、日頃、お母さんと赤ちゃんに接する機会の多い方はもちろん、ママさんサークルを開催している方、児童館にお勤めの方、ベビーシッターさんなど、お母さんと赤ちゃんに向けてのサービス向上を期待する職業に就かれている方は、大きなスキルアップとなるでしょう。また、子育て中のお母さんが、ベビーマッサージの資格を取得して、先輩ママとしての知識と経験を生かし、指導者として活躍をされている方も多いです。近所の公民館や児童館などで気軽にスタートできますので、お仕事を探している子育て中のお母さんにはぴったりの職業といえるでしょう。

JABCのベビーマッサージ通信教育講座とは?

通学講座: JABC&米国リドルキッズ協会W認定 ベビーマッサージ指導者養成講座とは?