ベビーマッサージ ◆赤ちゃん体操 ◆マタニティ産後ヨガ ◆胎教&親子パステルアート

ベビーマッサージの指導者資格

ベビーマッサージ指導者の資格とは、一般的に、お母さんが赤ちゃんにマッサージをする方法を教える指導者資格のことを言います。ここで気をつけていただき たいのは、指導者が直接赤ちゃんをマッサージするのではないということです。他人の身体に触れ、マッサージをすることが法的に許されているのは、針灸師や あんまマッサージ師など一定の勉強と経験を習得し、国家資格に合格した方のみだからです。もちろん、国家資格を有した方が、ベビーマッサージの知識と技術 を習得されれば、赤ちゃんに触れることは法的に問題ありませんが、一般的に、民間企業等で開催されているベビーマッサージの資格では、指導者自身が赤ちゃ んをマッサージすることはできませんのでお気をつけください。

ベビーマッサージの指導者資格は、資格の多くが民間企業で開催されるインストラクター養成コースや指導者養成の通信教育講座などを修了することで取得可能です。

ベビーマッサージの資格を取得するには?

ベビーマッサージの指導者資格を取得するためには、民間企業等で開催されている通学または通信のインストラクター養成コースを修了するとよいでしょう。ベビーマッサージの資格は国家資格ではありませんので、民間企業または団体が実施する試験(実技や筆記)に合格すれば、修得できる資格です。通学のインストラクター養成コースの多くが2~6日程度で取得でき、価格は、通学ですと8万円~30万円、通信ですと5万~10万円が相場となっています。保育士資格や看護士資格を有していないと受講ができない講座もありますが、最近では、子供好きの方が誰でも受講できる学校が増えてきました。

ベビーマッサージの資格をとる人は?

ベビーマッサージの最大の利点は、お母さんと赤ちゃんが親子の絆を深めることにあります。ベビーマッサージ指導者は、その絆づくりのお手伝いをするため、何より、お母さんと赤ちゃんの気持ちを感じ取り親身になれる方が指導者として向いているでしょう。看護士さんや保育士さんなど、日頃、お母さんと赤ちゃんに接する機会の多い方はもちろん、ママさんサークルを開催している方、児童館にお勤めの方、ベビーシッターさんなど、お母さんと赤ちゃんに向けてのサービス向上を期待する職業に就かれている方は、大きなスキルアップとなるでしょう。また、子育て中のお母さんが、ベビーマッサージの資格を取得して、先輩ママとしての知識と経験を生かし、指導者として活躍をされている方も多いです。近所の公民館や児童館などでクラスをスタートできるチャンスがありますので、子育てをしながらやりがいのあるお仕事を探したい方にはぴったりの資格といえるでしょう。

ベビーマッサージの良い指導者とは?

どんな科目においても共通して言えることかもしれませんが、良い指導者とは、生徒さんに、生徒さん自身がたくさんの“気づき”を得られるよう、ナビゲートする存在といえるでしょう。1から10まで、その方法を間違いなく教えるのではなく、1から3までを指導し、その後は、生徒さん自身で、気づき、失敗し、学び、繰り返す・・という、努力を見守って、10まで導いていくことができる、それが真の指導者と言えるかと思います。ベビーマッサージも、お母さんに1から10まで間違いなくマッサージ方法を指導するのではなく、お母さんが赤ちゃんと接することで、新しい発見や経験、喜びなどを感じられるよう、お母さんと赤ちゃんの一組一組の成長を見守りながらナビゲートしていくことが大切といえるでしょう。赤ちゃんによっては、指導者が教えるマッサージよりもお母さんが工夫して編み出したマッサージのほうが好むかもしれません。たとえ、やり方が異なっていたとしても、それはお母さんと赤ちゃんの絆のある世界。親子のやり方を尊重し、それをサポートできるような指導者を目指しましょう。ベビーマッサージは、何よりもお母さんと赤ちゃんが主役です。指導者は一組一組の親子と向き合い、自身の知識と経験を分かち合いながら、親子がリラックスして絆を育めるような環境づくりをお手伝いしてあげましょう。

ベビーマッサージで独立開業するには?

ベビーマッサージで独立、開業している方の多くは、児童館や公民館などで、クラスを開催し、生徒さんから授業料を頂くことで、その活躍をスタートさせています。こうした事業をはじめ、利益が出てきた場合には、税務署に個人事業主としての個人開業届けを提出し、年度の終わりには青色申告書にて収支の報告をする必要があります。開業までの手続きはそれほど難しい作業ではないため、個人として事業をスタートするには最もポピュラーであり一般的といえるでしょう。とはいえ、最初の一歩は、お友達にベビーマッサージを教えることからはじめることをお勧めします。最初は、1人、2人と少人数で無料クラスを開催し、次第に5人、6人とグループの指導を練習していくとよいでしょう。こうして自信がついてきたら、お友達ではなく、ネット募集などで集めた生徒さんに対して、有料でクラスを開講します。最初のうちは、生徒さんも思うように集まらないかもしれません。けれども、集客のための正しい知識と技術を習得すれば、必ず生徒さんは集まります。ベビーマッサージ指導者として独立、開業していくためには、ベビーマッサージの指導スキルの向上はもちろんのこと、告知、集客、開催場所、時間、価格等、総合的に勉強し、成長していく必要があります。

本ベビーマッサージ通信教育講座では、講座が修了後も、みなさんが自信をもってクラス開講ができるようになるまで、無料で相談を受け付けております。「どうやって生徒さんを集めるの?」「ちらしはどうやって作るの?」「受講料はいくらにすればよい?」など、みなさんの疑問、質問に何でもお答えいたします。

赤ちゃん体操の指導者資格とは

赤ちゃん体操指導者の資格とは、一般的に、お母さんに赤ちゃんの体操の方法を教える指導者資格のことを言います。本講座では、お母さんのためのストレッチとエクササイズも学習するため、赤ちゃんのための体操だけでなく、お母さんの運動も指導することができます。赤ちゃん体操の指導者資格は、資格の多くが民間企業で開催されるインストラクター養成コースや指導者養成の通信教育講座などを修了することで取得可能です。

赤ちゃん体操の資格を取得するには?

赤ちゃん体操の指導者資格を取得するためには、民間企業等で開催されている通学または通信のインストラクター養成コースを修了するとよいでしょう。赤ちゃん体操の資格は国家資格ではありませんので、民間企業または団体が実施する試験(実技や筆記)に合格すれば、修得できる資格です。通学のインストラクター養成コースの多くが2~6日程度で取得でき、価格は、通学ですと8万円~30万円、通信ですと5万~10万円が相場となっています。

赤ちゃん体操の資格をとる人は?

ベビーマッサージ等のベビークラスを指導している方、ママ向けのヨガ指導をしている方などが資格を取得することが多いです。赤ちゃん体操の最大の利点は、お母さんと赤ちゃんが親子の絆を深めることにあります。指導者は、その絆づくりのお手伝いをするため、何より、お母さんと赤ちゃんの気持ちを感じ取り親身になれる方が指導者として向いているでしょう。看護士さんや保育士さんなど、日頃、お母さんと赤ちゃんに接する機会の多い方はもちろん、ママさんサークルを開催している方、児童館にお勤めの方、ベビーシッターさんなど、お母さんと赤ちゃんに向けてのサービス向上を期待する職業に就かれている方は、大きなスキルアップとなるでしょう。また、子育て中のお母さんが、資格を取得して、先輩ママとしての知識と経験を生かし、指導者として活躍をされている方も多いです。近所の公民館や児童館などでクラスをスタートできるチャンスがありますので、子育てをしながらやりがいのあるお仕事を探したい方にはぴったりの資格といえるでしょう。

赤ちゃん体操の良い指導者とは?

どんな科目においても共通して言えることかもしれませんが、良い指導者とは、生徒さんに、生徒さん自身がたくさんの“気づき”を得られるよう、ナビゲートする存在といえるでしょう。1から10まで、その方法を間違いなく教えるのではなく、1から3までを指導し、その後は、生徒さん自身で、気づき、失敗し、学び、繰り返す・・という、努力を見守って、10まで導いていくことができる、それが真の指導者と言えるかと思います。赤ちゃん体操も、お母さんに1から10まで間違いなく指導するのではなく、お母さんが赤ちゃんと接することで、新しい発見や経験、喜びなどを感じられるよう、お母さんと赤ちゃんの一組一組の成長を見守りながらナビゲートしていくことが大切といえるでしょう。赤ちゃんによっては、指導者が教えるよりもお母さんが工夫して編み出した動きのほうが好むかもしれません。たとえ、やり方が異なっていたとしても、それはお母さんと赤ちゃんの絆のある世界。親子のやり方を尊重し、それをサポートできるような指導者を目指しましょう。ベビーレッスンでは、何よりもお母さんと赤ちゃんが主役です。指導者は一組一組の親子と向き合い、自身の知識と経験を分かち合いながら、親子がリラックスして絆を育めるような環境づくりをお手伝いしてあげましょう。

赤ちゃん体操で独立開業するには?

開業している方の多くは、児童館や公民館などで、クラスを開催し、生徒さんから授業料を頂くことで、その活躍をスタートさせています。こうした事業をはじめ、利益が出てきた場合には、税務署に個人事業主としての個人開業届けを提出し、年度の終わりには青色申告書にて収支の報告をする必要があります。開業までの手続きはそれほど難しい作業ではないため、個人として事業をスタートするには最もポピュラーであり一般的といえるでしょう。とはいえ、最初の一歩は、お友達に教えることからはじめることをお勧めします。最初は、1人、2人と少人数で無料クラスを開催し、次第に5人、6人とグループの指導を練習していくとよいでしょう。こうして自信がついてきたら、お友達ではなく、ネット募集などで集めた生徒さんに対して、有料でクラスを開講します。最初のうちは、生徒さんも思うように集まらないかもしれません。けれども、集客のための正しい知識と技術を習得すれば、必ず生徒さんは集まります。指導者として独立、開業していくためには、指導スキルの向上はもちろんのこと、告知、集客、開催場所、時間、価格等、総合的に勉強し、成長していく必要があります。

本講座では、講座が修了後も、みなさんが自信をもってクラス開講ができるようになるまで、無料で相談を受け付けております。「どうやって生徒さんを集めるの?」「ちらしはどうやって作るの?」「受講料はいくらにすればよい?」など、みなさんの疑問、質問に何でもお答えいたします。

マタニティ産後ヨガ指導者資格について

<準備中です>

胎教&親子パステルアート指導者資格について

赤ちゃんと絵を描く胎教パステルアート指導者の資格とは、妊婦さんがお腹の赤ちゃんと一緒にパステルという画材を使って指でクルクル簡単に楽しく絵を描いてく胎教アートを教える指導者資格のことを言います。

赤ちゃんと絵を描く胎教パステルアートは、パステルをパウダー状にして指で簡単に描ける優しいアートです。心地よく描ける胎教パステルアートは、描いても見ても癒され、ヒーリングにもつながります。お腹の赤ちゃんと一緒に感受性を深め共有することで、愛情、母性、絆を育んでいく胎教パステルアートを修得することができます。

赤ちゃんと絵を描く胎教パステルアートの指導者養成マスター講座を修了すると、JABC日本ベビー&チャイルドケア協会認定胎教パステルアートインストラクターとして胎教パステルアートのクラスや講座を開催することができます。また、絵の販売や展示会、イベント等も企画運営することができます。