ベビーマッサージで独立、開業している方の多くは、キッズスタジオや児童館、公民館などで、クラスを開催し、生徒さんから授業料を頂くことで、その活躍をスタートさせています。こうした事業をはじめる場合には、税務署に個人事業主としての個人開業届けを提出し、年度の終わりには青色申告書にて収支の報告をする必要があります。開業までの手続きはそれほど難しい作業ではないため、個人として事業をスタートするには最もポピュラーであり一般的といえるでしょう。とはいえ、最初の一歩は、お友達にベビーマッサージを教えることからはじめることをお勧めします。最初は、1人、2人と少人数で無料クラスを開催し、次第に5人、6人とグループの指導を練習していくとよいでしょう。こうして自信がついてきたら、お友達ではなく、ちらし募集などで集めた生徒さんに対して、有料でクラスを開講します。最初のうちは、生徒さんも思うように集まらないかもしれません。けれども、集客のための正しい知識と技術を習得すれば、必ず生徒さんは集まります。ベビーマッサージ指導者として独立、開業していくためには、ベビーマッサージの指導スキルの向上はもちろんのこと、告知、集客、開催場所、時間、価格等、総合的に勉強し、成長していく必要があります。

本ベビーマッサージ通信教育講座では、講座が修了後も、みなさんが自信をもってクラス開講ができるようになるまで、無料で相談を受け付けております。「どうやって生徒さんを集めるの?」「ちらしはどうやって作るの?」「受講料はいくらにすればよい?」など、みなさんの疑問、質問に何でもお答えいたします。

通信教育: JABCのベビーマッサージ通信教育講座とは?

通学講座: JABC&米国リドルキッズ協会W認定 ベビーマッサージ指導者養成講座とは?